2014年5月6日火曜日

Android版 東方BGM on VGS(1周年)

2013年のGWに東方BGM on VGS(Android版)をリリースしてから1年経ったようです。
「1周年特別企画」めいたものをやるつもりはありませんが、データで振り返ってみようと思います。

■ランキング
日本のMusic & Audioカテゴリにのみランクインしてます。
東方BGM on VGS(Android)のランキング遷移
(GooglePlay - Music & Audio category)
自然流入のみだと、100位あたりが壁みたいですね。
一日のDL数は、平日が100前後、休日が200前後といったところです。

■インストール数
インストール数: 15,837
ダウンロード数: 31,268
インストール維持率は、50.65%。
このインストール維持率は、エンターテイメント系のアプリとしては高めかな。

■評価
星5: 780件
星4: 54件
星3: 23件
星2: 5件
星1: 12件
平均: 4.81点

公開当初から星100件ぐらいまでの間は、平均評価5.0だったのですが、途中からチラホラと星1~3の評価も付くようになったため、大分低くなりました。Android版は、iPhone版と比べて悪い評価(星1~3)が多く付き易い傾向があります。

しかし、星1~3にはコメント付きの評価が1件も無いため、何故、低評価が付けられたのか、具体的な原因は不明です。ただし、星4以上でも機種依存と思われる情報のコメントも幾らかあるので、その辺りが原因かなと推測しています。

■国別分布
国別のダウンロード数
東方VGS以外の私のアプリは、海外8割(主に欧米)、日本2割という感じですが、東方VGSに限って見てみれば、日本8割、海外2割(主にアジア)という感じで逆転してます。

実のところ、東方VGSは日本が9割ぐらいじゃないかと予想していましたが、意外と海外でも沢山ダウンロードされています。日本ではAndroidよりもiPhoneの方が普及していることも一因かもしれませんが、東方の海外(特にアジア)での人気も根強いようです。欧米方面での東方の知名度は、アジア圏と比べれば今一つ(※この点は東方のローカライズのし難さが一因しているものと想定)ですが、その分、エリートユーザにアプローチし易いというメリットがあるかも。

■今後の予定
水面下では、花映塚の後半の曲(製品版のみの収録曲)の耳コピをボチボチ始めていますが、いつ出来るのやら。今のペースでは、そもそも完成に至らない可能性の方が濃厚です。ついでに4月以降、ちょっと色々あって、アプリ開発の活動自体がままならない状態だったりします。連休も殆ど手付かずでした(あわよくば、6月ごろには落ち着くと思いますが)。

先日、GitHubでGameDaddyのオープンソース化をしましたが、もしかするとそこに波形メモリ音源部分のソースコードも追加して、「後は有志にお任せ」という感じ(○投げとも言う)になるかも。その点の判断は、落ち着いてからすることになると思います。

期待せず、気長にお待ちください。